名古屋の弁護士 さくら総合法律事務所

個人法務コラム

離婚・夫婦問題コラム

相談事例シングルマザーでフリーランスの私、将来の年金はいくらくらいもらえるのでしょうか?

ご相談者
お名前 礼子さま(仮名)
年齢 43歳
性別 女性
職業 マナー講師
家族構成 息子(中学生)
事例の分類 離婚・夫婦問題個人型確定拠出年金(iDeCo)

相談しようと思ったきっかけ

離婚をするときに、竹内美土璃さんの夫婦問題カウンセリングをうけました。
竹内さんのアドバイス通り、「経済的自立」のため仕事を見つけ、自分で稼ぐことができ、自信がつきました。

離婚を決意する際は、まだまだ将来のことを考える余裕すらなかったのですが、仕事が軌道に乗ってきてきたら、老後のことも心配になってきました。竹内さんから、「今の状況を点で見るのではなく、線で考えてね。」と何度も言われ、将来のことはずっと気になっていました。
今はフリーランスでマナー講師をしています。今度は、年金等を含め、この先の私の将来について、竹内さんにアドバイスいただきたいと思い、相談に来ました。

ご相談内容

39歳で夫と離婚をした後、私はマナー講師として息子を育ててきました。離婚の際、財産分与で夫から自宅マンションをもらい、息子が22歳で大学を卒業するまでは夫から養育費をもらえますので、私の仕事の収入と合わせると十分生活ができます。その節は適切なアドバイスをいただきましてありがとうございました。

生活が安定してきたら、今度は老後のお金について不安になってきました。「私の老後はお金がいくら足りないんだろうか?」そして「子どもに迷惑をかけたくない!」と思っています。今まで本当にお金のことは(元)夫任せだったので、年金をはじめ何ひとつわかりません。今の状況から、今後どうしたらいいか教えてほしいので、色々とアドバイスをいただけたら嬉しいです。

ご相談でお話した内容

礼子さん、この度はまた、また私を選んでくださってありがとうございます。
お仕事も順調なようで、頑張りましたね。私も安心いたしました。よかったです。
ようやく、ご自身の「今」から「将来」に向けて頑張ろうと思われているということでしたので、一緒に見ていきましょう!

さて、今回は、礼子さん自身のこれからの将来についてのご相談ということですね。
それでは、礼子さんの現状からまずはお話して、問題点、解決方法という順番でお話をさせていただきます。

礼子さんの現状

礼子さんのお話を年表という形でまとめてみました。

礼子さんは、学生納付特例も使われずに20歳から国民年金をお支払いになっています。この時は、第1号被保険者です。そして、22歳で就職され第2号被保険者になりました。さらに、28歳でご結婚されたのを機にお仕事を辞め、第3号被保険者になりました。その後、39歳で離婚をされ、その後は第1号被保険者となっています。年金で考えると、第1号被保険者の間は、国民年金のみ、第2号被保険者はご自身の国民年金と厚生年金、第3号被保険者の間はご自身の国民年金と、離婚時に年金分割(※)で得た婚姻期間11年分のご主人の厚生年金の半分となります。

  • 年金分割とは、離婚した時に、厚生年金の標準報酬を夫婦間で分割することができる制度です。平成19年4月以降に離婚した場合、夫婦間の合意により、婚姻期間中の夫の厚生年金を分割することができます。平成20年5月以降に離婚した場合、夫婦間の合意がなくても平成20年4月以降の第3号被保険者期間については、夫の厚生年金の1/2を分割できます。

それでは、ねんきん定期便を見ながら、具体的な数字で見ていきましょう。

出典:日本年金機構(数字は筆者が説明のために概算で書き加えたもの)

現在、礼子さんは、65歳になったら下記の年金を受け取ることができます。

(1)今までかけてきた年金で65歳から受け取れる年金見込み額
合計 80万円 
老齢基礎年金 46万円
老齢厚生年金 34万円(年金分割による加算額含む)

これは、今までかけてきた年金で、65歳から受け取れる年金見込み額を計算したものになります。

加えて、礼子さんは現在43歳なので、60歳までにはあと17年残っています。
老齢基礎年金については、17年加入により1年あたり約2万円の老齢基礎年金をふやすこができます。

(2)今後60歳までに増やせる年金見込み額
老齢基礎年金 2万円×17年=34万円 

よって、礼子さんがこのままの生活をしていた場合、65歳になった時に受け取ることができる年金は、(1)+(2)=114万円となります。

少ないとお感じですか?実は、これから更に年金額を増やすことも可能なんですよ。
何にも手を打たなかった場合は、年間約114万円のまま、ということです。これではちょっと生活が苦しいですね。
解決方法として、2つのご提案をさせていただきます。

ご提案

1. 厚生年金に加入する

まず一つ目は、礼子さんは、フリーランスでマナー講師をされているとのことですが、法人成りするか、どこかの企業に再就職してマナー講師を続けるかどちらかの方法を取るという方法です。

ここでは、厚生年金に加入して、将来の年金を増やすことを考えます。

例えば、礼子さんが月額30万円のお給料をもらい、このあと17年間厚生年金に加入した場合、これから増やす厚生年金は、簡易的に計算すると下記の通りになります。
360万円×0.55%×17年=33,600円→年間で約34万円老齢厚生年金を増やすことができます。

合計 148万円
今のままの年金 114万円
厚生年金に加入して増やす年金 34万円

このように、148万円を終身年金として受け取ることが可能となります。

さらにいいことがあります。厚生年金に加入すれば、健康保険にもれなく「傷病手当金」がついてきます。万が一病気になった時でも、1年半の傷病手当がつくので、保障も手厚くなります。

2. iDeCoに加入する

iDeCoは、国の制度で、税制優遇を受けながら老後のお金を殖やしていく自分年金です。
例えば、iDeCoの場合、第1号被保険者の方は68,000円までかけることができます。

そのうち、仮に5万円をかけた場合で考えていきましょう。
元本でも、5万円×12カ月×17年=1,020万円になります。

しかし、毎年60万円(毎月5万円×12カ月)を3%で運用しながら17年積み立てていった場合を考えていきましょう。この時には、「終価係数」という係数を使って求めることができます。
60万円×21.762(終価係数)=13,057,200円となります。

さらに、礼子さんが90歳まで生きたとして、これを3%で運用しながら30年かけて受け取る場合を考えていきます。この場合は、資本回収係数を使います。
1,300万円×0.051091926(資本回収係数)=663,250円→これが1年間に受け取ることができるお金です。

合計 180万円
今のままの年金 114万円
iDeCoで増やした場合 66万円

このように、180万円を90歳まで受け取ることができます。ただし、それ以上長生きをした場合は、114万円となります。

一見多く見えますが、今回は、「月額5万円の積立をすることが前提」での金額を出しました。毎月の積立が少ない場合はこの金額は受け取ることができません。また、現状は国民健康保険への加入のため傷病手当金もつかないので、病気になった時の保障が薄くなるため、生命保険も上乗せして加入する必要があることを覚えておいてください。

解決方法

どちらの方法も、一長一短があります。またこれからのお仕事の方向性によっても選択肢は変わってくるでしょう。今回は、これからの可能性のみをお話しますので、次回お目にかかる際に、もう少しお話を進めていきましょう。

また、それに加え、税制優遇を使った制度としては、NISAやつみたてNISAがあります。こちらも併用して上手に貯蓄をしていくことも考えていきたいですね。そのためには、現在の家計も見直しできるところは見直して、貯蓄に回せるお金をしっかり確保していくことも必要です。これもこれからの課題ですね。

ただ、忘れないでほしいことは、「働いていれば、年金は、自分で何とかすることも可能」ということです。あきらめないで、何とか幸せになっていく方法を一緒に見つけていきましょう。

今回の相談を終えて

具体的な数字でお見せしたところ、「もやっとしていたことが、これから作っていかなければならないお金がすごくはっきりしました。ちょっと少ないな、でも何とかなりそうな気がしてきた」と、ほっとされていました。
「これで、子どもに迷惑がかからないような資金作りができます。でも、法人成りや他の会社でお勤めすることは考えてもいなかったので、少し時間がほしいです。次回の打合せまでに方針を決めてきます。未来が少し明るくなりました。」とおっしゃって、1か月後に予約を入れ、笑顔になられて帰られました。

実際の事例を題材としておりますが、個人情報保護の観点から変更を加えている場合があります。

離婚・夫婦問題コラム