企業法務

顧問弁護士

気軽の相談できる「会社のかかりつけ医」のようなもの

顧問弁護士は、医者の世界でいう「会社のかかりつけ医」のようなものです。よって、気軽に会社の相談ができる法律アドバイザーが顧問弁護士です。
会社にとっのかかりつけ医である顧問弁護士に相談し、会社のリスクを早期発見し、早期治療をすることが、これからの会社の成長のために必要です。
弁護士に法律アドバイスを求める場合、個別に弁護士を探して法律相談を依頼する方法もありますが、顧問弁護士に依頼をすれば、継続して会社の状況を把握できるので、安心かつ効率的です。さくら総合グループのFPのアドバイスにより、弁護士顧問料を捻出できる場合もあります。

顧問弁護士のメリット

弁護士と顧問契約を結ぶメリットとしては以下のようなものがあげられます。

1. すぐに相談できる

顧問弁護士がいない場合、弁護士に相談したいと思ったときには、弁護士を探し、連絡を取り、予約をして、弁護士事務所まで出向かなければいけません。
相談を受けてくれる弁護士を見つけるのに手間や時間がかかりますし、相談日が何日も先になってしまうこともあります。
顧問弁護士がいれば、相談する弁護士を探す必要はありませんし、簡単な内容であれば電話や電子メールで相談することもできます。また、 日程調整も、一般の案件に優先して行ってもらえるので安心です。

2. 信頼できる弁護士に相談できる

必要になったときに初めて会った弁護士に相談したり、依頼したりすると、その弁護士が期待できるかどうか、 自分の考えを理解してもらえるかどうか不安になってしまいます。
自分が信頼できる、気心の知れた弁護士と顧問契約を結んでいれば、いざというときに心配する必要はありません

3. 気軽に相談できる

通常、弁護士に法律相談をするのは具体的な法律問題が発生して、その対応を検討する必要があるときではないかと思います。
しかし、法律問題が具体化した段階では手遅れのことも多いのです。
顧問弁護士がいれば、具体的な法律問題が起きていなくても、法律的に問題がないか確認してもらうこともできますし、さらに気軽に「ちょっと意見を聞いてみる。」ということもできます。早い時点で相談することで法律的な問題が起きるのを回避することができるので安心です。

4. 効率的に相談できる

担当者が疑問や不安に思うことがあっても、顧問関係にない外部の弁護士に相談するとなると、上司や経営者の了解を得なければなりませんし、相談に責任者や法務担当者が同行しなければならないなど、決裁や労力の手間がかかることもあるでしょう。
顧問弁護士がいれば、このような手間は不要ですし、担当者が直接弁護士に電話やメールで相談することも可能ですので、効率的に法的アドバイスを受けて業務を行うことができます

5. 的確・迅速な対応を受けることができる

顧問関係にない外部の弁護士に相談や依頼をするときには、事件の内容を知ってもらうために、自社の概要や事業内容を一から説明しなければなりません。
顧問弁護士は、会社の事業内容や内情などを理解していますので、相談や依頼に先立って一から説明する必要はありません。顧問会社のことを理解しているので、適切な対応を期待できます

6. 外部に対する信用が高まる

顧問弁護士がいるということは、その会社が顧問弁護士の法的なアドバイスを受けながら業務を行っていることになりますので、顧問弁護士がいない会社に比べて法的なコンプライアンス意識の高い会社と認識され、信用が高まることが期待できます。
当法律事務所の顧問会社にはウェブサイトに「法律顧問」として当法律事務所の名称を明記していらっしゃるところもあり、これは外部に対する信用を意識したものとおっしゃっていただきました。また、交渉に際して相手方に「顧問弁護士と相談して対応を検討します。」と通告したり、当法律事務所が顧問事務所と明記して作成した法律意見書を提示して相手方に検討を求めたりなさっている顧問会社様もいらっしゃいます。

7. ワンストップで受けられる

さくら総合グループのFP、弁理士はもちろんのこと、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士等たくさんの士業と提携をしておりますので、お客様に必要な士業とマッチングをすることもできます。

8. 割引を利用できる

当法律事務所で顧問契約を結んでいただきますと、月額5万円(消費税別途)で法律相談料、契約書類の内容確認業務については歴月3時間まで無料でご対応いたします。また、事件のご依頼をいただいた場合には、手数料と着手金を、顧問契約を結んでいない方からご依頼いただいた場合より10%割引でご対応いたします。

顧問弁護士の相談・解決事例

顧問弁護士の事例はありません。