名古屋の弁護士 さくら総合法律事務所

ニュース

お知らせ

ウイルス感染症対策への取り組み

感染症対策していますか?

当然、されていることと思います。
さくら総合法律事務所でしている感染症対策について、お話をさせていただきます。
法律事務所で感染症対策?と思われるかもしれませんが、事務所にご来訪いただくお客様の安全、安心のために、できる限りのことをさせていただいています。
私たちが取り組む感染症対策が皆様に少しでもお役に立てばと思い、ご紹介をさせていただきます。

空気清浄機とオゾン脱臭機の違い

よく、「うちは空気清浄機があるから大丈夫」と言われます。
オゾン脱臭機との違いはおわかりでしょうか?

空気清浄機は、メーカーによっては色々と変わるようですが、一般的には、空気中の花粉やカビ、ほこりなどを取って空気をきれいにしてくれるもののようです。空気を吸うので、フィルターの交換が必要です。

一方、オゾン脱臭機は、直接オゾンを発生させて、空気中のウイルスに付着し、外側にある細胞壁を破壊し、不活性化させることによって、ウイルスを死滅させます。
また、分解するオゾンの強力な酸化作用で、空気中の浮遊菌だけでなく、机やドアノブなどについた付着菌まで、ウイルス、菌を分解除菌してくれます。

空気をきれいにするのと、空気を除菌する、そんな違いでしょうか?

ちなみに、当事務所で使用しているオゾン脱臭機は、全国500台以上の救急車に搭載され、救急隊員をウイルスや菌から守っています。

アルコール消毒液と銀イオンの違い

また、アルコール消毒液と銀イオンの違いもご説明します。

アルコール消毒液は、消毒の際、今そこに付着している菌を殺菌するものになります。

一方、銀イオンは、銀イオン+で、陽イオンです。
ナノの1000分の1の大きさであるピコレベルの大きさです。とっても小さいんです。そして、その銀イオンがウイルスの細胞の中に浸入してウイルスの遺伝子の分離をして死滅させます。
また、銀イオンになっているものは、72時間持続可能な除菌力を持っています。つまり、今そこに付着している菌だけでなく、これから付着する菌をも除菌してくれます。この銀イオンミストを覆っていると、菌対策のバリアを張っているようなものになります。私はいつも上半身にミストしています。

さくら総合法律事務所のウイルス感染症対策

さくら総合法律事務所では、2月からオゾン脱臭機と銀イオンによるダブルの除菌対策をしています。
また、5月より事務所にはスリッパに履き替えて入室してもらい「持ち込まない」取り組みも始めました。
スタッフはもちろんの事、お客様にも検温をしていただき、37.5度以上の熱のある場合は日程変更をお願いしております。
さらに、裁判所でのWeb裁判が始まることから、Zoomなどによるオンライン相談や電話相談も始めました。

このように新型コロナウイルス感染症対策としては万全を期しております。

さくら総合法律事務所のウイルス感染症対策への取り組み」のYouTube動画をアップロードしました。一度、ご覧くださいませ。

今後の感染症対策について

新型コロナウイルスとの闘いは、当分続くことになります。
新型コロナウイルスと共存していかなくてはなりません。

ウイルス感染症対策が万全なお店と、そんなに気にしていないお店、皆さんはどちらに行きたいですか?

今後、経済活動をしていく上に、感染症対策は必須です。
私の知識レベルでは及ばないかもしれませんが、私のできることはお手伝いをさせていただきます。
お手伝いが必要な方は、ご連絡ください。
補助金や助成金等についても、私の知っている限りにはなりますが、お手伝いをさせていただきます。

今は、大変な時です。
この大変な時期に一緒に乗り越えていきましょう!

お知らせ