名古屋の弁護士 さくら総合法律事務所

セミナー開催

経営法務セミナー

2019年10月1日開催終了丸の内起業塾講演会【起業する為に知っておくべき法律知識】―具体的トラブル事案を題材として―

【起業にご興味のある方必見!】丸の内起業塾にて講演いたします!

丸の内起業塾という「経営者、実務家を講師陣に迎えこれから起業を目指す方や起業に興味のある方が気軽に学べる起業塾」がございます。
その起業塾で弁護士 竹内裕詞が講演いたします。

このような方に向けた講演です。
これから起業を目指している方
女性経営者を目指している方 など

法律相談にいらっしゃるお客様は、もっと早く相談に来てくれたら余計なお金を払わなくても良かったのにということが多々あります。
事前に対応しておくことが、事業の成功につながります。
法律的な基本的なことを知って、成功する人を増やしたいと思い講師として登壇させていただきます。

ご興味がございましたらご参加下さい!

丸の内企業塾での講演詳細

【起業する為に知っておくべき法律知識】―具体的トラブル事案を題材として―

開催日時

2019年10月1日(火)19:00~20:30

開催場所

名古屋市中区丸の内3-16-19 ニューネットビル9F
森の会議室

TEL:052-253-7350

講師 竹内裕詞(弁護士)
参加費 1,000円 当日受付にてお申し込み下さい。
お申し込み方法

お問い合わせ・ご予約フォームよりお申し込みください。

お問い合わせ・ご予約内容に、「丸の内企業塾2019年10月1日(火)19:00~20:30」 と記入をお願いします。

  • お問い合わせ・ご予約フォームよりお申し込みください。
  • 定員に達しましたらキャンセル待ちでお請けして、最終的にご参加がかなわなかった場合はご返金させていただきます。

講師紹介

竹内 裕詞(たけうち ゆうじ)

1966年9月名古屋市生まれ。
高校時代は県立半田高校でバスケット部に所属。その後、名古屋大学法学部に進学し、大学3年生の時に法曹研究会に入部したことをきっかけに、弁護士になろうと決意する。
4年間の受験勉強の末、司法試験に合格。晴れて弁護士になる。

野田法律事務所に勤務し、企業法務を中心に業務をする傍ら、弁護団活動にも積極的に参加。新川決壊水害訴訟原告弁護団、薬害エイズ訴訟原告弁護団、薬害肝炎訴訟原告弁護団、設楽ダム建設費支出差止訴訟弁護団等の活動をする。
1997年に独立し、さくら総合法律事務所を開設。2008年には名古屋大学法科大学院教授に就任する。2014年に、さくら総合法律事務所、株式会社さくら総合オフィス、さくら総合国際特許事務所を「さくら総合グループ」として結成し、グループ会社とした。

顧客からは、「とても優しいけれど、言うことはきちんと伝えてくれて頼りがいがある」「先生のお人柄のおかげで解決できました」などの声が多数寄せられている。

今後は、引き続き企業法務を中心に、社長様の会社をより成長してもらうため、リーガルサポート、ファイナンシャルプランニングを中心にトータルサポートできるよう活動する予定。
また、最近はやりの「家族信託」を使った事業承継のスキームを取り入れながら、会社の事業承継のサポートも行っていく。

趣味は、スキューバダイビング、料理。

経営法務セミナー