名古屋の弁護士 さくら総合法律事務所

個人法務コラム

離婚・夫婦問題コラム

離婚したいけど子どもが心配なあなたへ!

夫婦問題のカウンセリングをしていると、子どものことで必ず出てくるのが、

  • 子どもが父親なしでかわいそう
  • 転校すると、子どもが友達がいなくなってかわいそう
  • 子どものにかかる教育費はいくらかかるのか不安

というものです。

本当にそう思います。

「両親がそろっているほうがいい」のは夫婦仲がいいときだけ

でもね、それって、子どもを言い訳に、今の状態が変わることから、逃げていませんか?

確かに、

  • 転校したら友達がもしかしたらいなくなってしまうかもしれない
  • 家でも父親がいないと、子どもはショックが大きいかもしれない
  • 離婚したことでいじめられるかもしれない

そう思います。

それは、あなたの心がぶれているから、あなたが離婚をして不安だから、子どもを理由にしているのではありませんか?

子どもを理由にしているのであれば、お子さんがかわいそうです。

今でも、お子さんは、度重なる夫婦げんかで心を痛めています。
不安を感じています。
小さいながらも一生懸命両親の仲を取り持とうとして、がんばっています。
一方で、大好きなお母さんが幸せではないと感じています。
幸せという言葉が分からないかもしれないけど、悲しい、楽しくないと思っている感じています。
その、お母さんの不安な心を子どもは感じ取っているのです。

子どもを幸せにしたいなら、母親が幸せになりましょう!

では、どうしましょうね?
私はいつも、こう言います。
「お母さんが幸せであること」を優先してください。

離婚しないことにこしたことはありません。
子どもも両親がそろっていることの方がうれしいし、楽しいに違いありません。
でも、一方で、毎日泣いているお母さんを見たくはないと思っています。

お母さんが幸せであれば、自分も幸せだと感じると思いますよ。
離婚するかしないかはもちろんあなたの判断です。

あなたが子どもだったら、

  • 毎日笑顔が絶えない家庭
  • 毎日けんかばかりしている家庭

あなたはどちらにいたいと思いますか?

次回は、「子どもにかかる教育費はいくら必要なの?」についてです。

この記事に関連するキーワード
カウンセリング
夫婦仲
子ども
幸せ
離婚

離婚・夫婦問題コラム