名古屋の弁護士 さくら総合法律事務所

個人法務コラム

離婚・夫婦問題コラム

夫の浮気が原因で不満をぶつけてしまった後の対処法は?

私の継続カウンセリングのお客さまの多くは、とても優秀です。
計画通りに事を進めてくれる人が多いです。
しかし、時には感情があふれ出してしまって、夫に不満をぶつけてしまいます。

  • 妻につらいことがあった時。
  • 妻の我慢以上のことを、夫がした時。
  • 約束を破られた時。

いろいろなことが考えられますよね。

浮気を知った時の妻の気持ちは?

特に、夫が浮気をしているのを知っていて、夫が浮気相手のために何かをしているのを見てしまった、知ってしまった時など、本当につらいものです。

  • 浮気相手のためばかり動いて、私のために何もしてくれない。
  • 浮気相手のことを守りたくて、私を悪者にする。
  • 浮気相手のことをいつも思っている。
  • 浮気相手と連絡を取るために携帯を手放さない。

妻は本当に我慢しています。
妻はつらい中、本当に本当にがんばっていると思います。

浮気が原因で不満をぶつけてしまった…

そこで爆発してしまうんですよね。
そして私に連絡があります。
「爆発してしまって、夫に文句を言ってしまいました。どうしましょう?」

「爆発しちゃいましたか。思いを伝えられて良かったですね。言えてスッキリしましたか?」と聞くと、
「言っても全然変わらない。嫌な気持ちが残っただけ。言ったら余計悪者にされた。」ですって。

そうですよね。
本当はね、我慢できるのであれば言わない方がいいです。
でもずっと我慢をするのもつらいのですよね。
ガス抜きできて良かったですよ。
言ってしまったことに後悔してはいけません。
また、これからがんばりましょう!

素直に「ごめんなさい」と伝えましょう!

ご主人も、妻が取り乱しているのは自分のせいだと内心は思っているはずです。
こちらから「ごめんなさい」を言えば、きっと水に流してくれることでしょう。

そして、また、今まで通りの生活が始まります。

「ごめんなさい」を言うのは勇気がいります。
だって、「こんな気持ちに誰がさせてるの?」って思いますから。

でもね、先手を打って「ごめんなさい」を言うことによって、イヤな時間ははるかに短くなりますよ。
夫の気持ちを自分に向けさせるのには、ちょっと時間がかかります。
いろいろやらないといけないこともあります。
でも、自分の幸せが「修復」であるのなら、それに向かってがんばれます。
つらいときは、ご連絡くださいね。

離婚・夫婦問題コラム