名古屋の弁護士 さくら総合法律事務所

個人法務コラム

離婚・夫婦問題コラム

あなただけの幸せを見つけませんか?

幸せを感じる時は?

みなさんは、どんなときに幸せだと感じますか?

私が独身の頃、毎年年賀状には、必ず「今年こそは、幸せになります」と書いていました。
その時の私は「結婚こそが最高の幸せ」と信じきっていました。
みなさんは、結婚して、どうお感じでしょうか?

  • 結婚すれば、幸せになれる。
  • 結婚すれば、大好きな人とずっといられる。
  • 結婚すれば、心も体も安定する。
  • 結婚すれば、お金持ちになれる。
  • 結婚すれは、子どもができる。
  • 結婚すれば、親の目を気にしないで遊べる。

確かに、結婚をして、私は幸せになりました。
良い夫に恵まれ、一緒に夢を追い、たくさんの喜びも2倍になりました。

結婚後も尽きない悩み

ただ、いいことばかりではありません。

悲しみも2倍になりました。
親が2倍になってうれしい反面、親の介護、そして別れも2倍になります。

  • 子どものこと
  • お金のこと
  • 舅(しゅうと)や姑(しゅうとめ)のこと
  • 子どものPTAのこと
  • 近所づきあいのこと
  • 夫の浮気のこと

などなど、新しい悩みもどんどん増えます。

幸せでありたい気持ちを持ち続けること

私のコラムを見てくださっている方の多くは、「浮気問題」に悩まれているので、「結婚=幸せ」ではないと思っている方が、たくさんいらっしゃると思います。
でもね、そういう人も、初めは「結婚=幸せ」だと思っていたんです。

「結婚すれば幸せになれる」が、
    ↓
「結婚しているのが当然」となり、
    ↓
「満足できない」となり、
    ↓
「新しい幸せ」を見つけに行くんですよね。

人間はわがままです。多少、わがままでも私はいいと思います。
「幸せでありたい」という気持ちは、ずっと持ち続けてください。
「幸せの形」って、人それぞれ違います。

お金持ちの人すべてが幸せですか?
お金があったら、ほとんどの物が手に入ります。
でも、お金があっても、病気で動けなかったら、「幸せ」と感じないと思います。
「子ども」がいたら「幸せ」と感じます。
でも、子どもが重い病気であったり、グレていて言うことを聞いてくれなかったりしたら、「幸せ」と感じることはなかなか難しいかと思います。

幸せであり続けるためには?

では、どうしたら幸せを感じられるようになるのでしょうか?

これは、あくまでも私の個人的な意見ですが、

  • 夢をもつこと
  • 感謝の気持ちをもつこと
  • 笑顔でいること
  • ときめいていること

だと思います。

「夢」を持てば、生きている意味がわかります
期待をしなければ、なにかいいことがあったときには「ありがとう」という気持ちになれます。
毎日「笑顔」でいれば、脳内モルヒネが分泌され、「幸せ」な気持ちになれます。

パートナーに限らず、「ときめき」があれば、同じく「幸せホルモン」が出まくります。
私のお客さまで、「ときめき」を感じた瞬間、「見る物すべてがピンク色に見える」と言っていました。
すごいパワーです。
「ときめき」は、子どもだって、かわいいわんちゃんだっていいんですよ。
「この子のためにがんばろう!」って思いますよね。

「幸せ」は人それぞれ感じ方が違います。
あなただけの「幸せ」を見つけませんか?

この記事に関連するキーワード
お金
介護
子ども
幸せ
浮気
結婚

離婚・夫婦問題コラム